Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

動画素材をプログレッシブに変換したい(Adobe編)

1つ星
読み込み中...
2021年11月2日
  • システム : Adobe Media Encoder
  • 入出力BOX : 
  • Ver. Creative Cloud

最近はテレビ放送用に撮影した素材で、YouTubeなどのWeb配信向けコンテンツを制作するシーンも増えているかと思います。

ですが、Web用に書き出した動画がうっかり「インタレースだった!」なんてこともあるのではないでしょうか。

Adobe Media Encoder(またはPremiereのメディア書き出し)を使えば、以下の手順で動画をプログレッシブに変換できます。

  1. Media Encoderを開き、変換したい動画を「キュー」画面にドラッグします。
  2. 変換したい動画の「形式」列、または「プリセット」列にある青い文字をクリックし、「書き出し設定」画面を表示します。
  3. MediaEncoderの「キュー」パネル「形式」で書き出したい動画形式を選択します。
  4. 「ビデオ」タブを開きます。QuickTime形式に書き出したいときなど、「ビデオコーデック」の項目がある場合はコーデックを指定してあげてください。
  5. [ソースの一致]ボタンをクリックします。
  6. 「フィールドオーダー」項目の横にあるチェックをオフにします。
  7. 「フィールドオーダー」項目の中から「プログレッシブ」を選択します。
  8. 「出力名」の横にある青い文字をクリックします。ファイル名と保存先を指定する画面が出てくるので、ファイル名と保存先を指定して[保存]ボタンをクリックします。
  9. [OK]をクリックします。
  10. [Enter]キー、または「キュー」画面右上の[キューを開始]ボタンをクリックします。

変換処理を待って、ステータスの項目が「完了」となっていれば、先ほど指定した保存先に変換された動画が書き出されています。

関連記事

▼Adobe CC製品 バージョン番号早見表
https://itochu-cable-systems.jp/esb/category/useful/adobe/2021/10/5436/

▼Adobe Creative Cloud製品の設定お引越し方法まとめ
https://itochu-cable-systems.jp/esb/category/useful/adobe/2021/10/5431/

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星
読み込み中...