Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

USBポートを増設したい

1つ星
読み込み中...
2020年11月30日
  • システム : 
  • 入出力BOX : 
  • Ver. 

 

Ans.  オプションボードのご用意が何種類かあるため

         用途に合わせた形でUSBのポート数を増やすことが可能です

     ※このページではUSBポートにのみにフォーカスしており

      オプションボードとしましてはUSBに加えて、RS232 / RS422や

   片方向 / 双方向のデジタル / アナログオーディオインターフェースなどの

   機能も合わせたタイプのものもございます


<注意事項>

オプションボードは、「同じタイプ」の「オプションボード同士」でしか

通信はできないため、必ずCPUユニット/ CONユニット「一対」での

使用が想定されています


■オプションボードの種類■

 

BXE

 

 

USB2.0ポート×2

 

USBの伝達速度が最高36Mbps

 ※メインボードの通信量によって実速度は変わってきます

 

・CONユニット側では、1口あたり最大500mAまでの電気容量

 2口同時使用の場合は最大600mAまでの電気容量

 ※筐体の構成(メインボードの種類やフレームの大きさなど)により

 使用できる最大電気容量は変わってきます

 

Matrixを併用されている場合、メインボードでの接続先PCの切り替え操作を行えば

   メインボードと連動するため、接続するPCの切り替えが可能となります

 

<使用可能デバイス例>

 HDD ペンタブレット フラッシュメモリ キーボード マウス キーパッド

 ※仕様によっては使用できない製品があります

 ※HDDなどでエクステンダー経由でのバスパワーを使用するのは

 電源容量からの観点で推奨されません

 外部電源型のものはコンセントなどから電源供給を行えば使用可能です

 

BXE2

 

 

USB2.0ポート×4

 

USBの伝達速度が最高50/100 Mbps

 ※メインボードの仕様と搭載されるファームウェアにより最高速度が変わります

 ※メインボードの通信量によって実速度は変わってきます

 

CONユニット側では、1口あたり最大500mAまでの電気容量

   4つのうち2つのポートでそれぞれ500mA使用する場合

   残り2つのポートはそれぞれ最大100mAまでの電気容量

 ※筐体の構成(メインボードやフレームの大きさなど)により

     使用できる最大電気容量は変わってきます

 

Matrixを併用されている場合、メインボードでの接続先PCの切り替え操作を行えば

   メインボードと連動するため、接続するPCの切り替えが可能となります

 

<使用可能デバイス例>

 HDD タッチパネル ペンタブレット フラッシュメモリ 

 キーボード マウス キーパッド

 ※仕様によっては使用できない製品があります

 ※HDDなどでエクステンダー経由でのバスパワーを使用するのは

  電源容量からの観点で推奨されません

  外部電源型のものはコンセントなどから電源供給を行えば使用可能です

 

BXUC/BXUS

 

BXUC

 

 

BXUS

 

 

 

USB2.0ポート×4

 

USBの伝達速度が最高480 Mbps

 ※メインボードの通信量によって実速度は変わってきます

 

CONユニット側では、1口あたり最大500mAまでの電気容量

 4つのうち2つのポートでそれぞれ500mA使用する場合

 残り2つのポートはそれぞれ最大100mAまでの電気容量

 ※筐体の構成(メインボードやフレームの大きさなど)により使用できる

  最大電気容は変わってきます

 

LANケーブル(BXUC)かファイバーケーブル(BXUS)での独立した専用リンクが別途必要

 ※Matrixへ接続する場合も別途設定が必要となります

 

<使用可能デバイス例>

 HDD USB接続型小型カメラ タッチパネル ペンタブレット 

 フラッシュメモリ キーボード マウス キーパッド

 ※仕様によっては使用できない製品があります

 ※HDDなどでエクステンダー経由でのバスパワーを使用するのは

 電源容量からの観点で推奨されません

 外部電源型のものはコンセントなどから電源供給を行えば使用可能です

 

BXH

 

 

USB-HIDポート×2

 

CONユニット側では、1口あたり最大100mAまでの電気容量

 ※筐体の構成(メインボードやフレームの大きさなど)により

 使用できる最大電気容量は変わってきます

 

Matrixを併用されている場合、メインボードのUSB-HIDポートと同様に

 OSD表示のコマンド入力が可能

 

<使用可能デバイス例>

 タッチパネル ペンタブレット キーボード マウス キーパッド

 ※仕様によっては使用できない製品があります

 

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星
読み込み中...