Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

iPhoneに保存した写真や動画をMacに取り込む方法

1つ星
読み込み中...
2021年10月5日

スマートフォンで誰でも気軽に動画撮影ができるようになった今、それらの素材を取り込んで編集したいというシーンは多いかと思います。

SDカードなどの外部メモリを使えることが多いAndroidスマホと違い、iPhoneは写真や動画は通常、内部に保存されてしまいます。

ですが、Macがあれば標準アプリで簡単に取り込むことができます。

AirDropや写真アプリなどで写真を取り込む方法もありますが、外付けHDDなどに保存先を指定したいときは以下の方法がおすすめです。

iPhone内の写真や動画を取り込む手順

  1. DockでFinderのアイコンをクリックし、Finderのサイドバーで「アプリケーション」をクリックします。
  2. 「イメージキャプチャ」アイコンをダブルクリックします。
    「イメージキャプチャ」アイコン
  3. MacとiPhoneをUSB - Lightningケーブルで接続します。
  4. iPhoneのロックを解除します。
  5. 取り込みたい画像や動画を選択します。複数取り込みたいときはキーボードの[command]ボタンを押しながら選択してください。
  6. 「読み込み先」をクリックして保存先を指定します。項目の中にない任意の場所に保存したいときは「その他...」をクリックして保存先を指定してください。
  7. 「読み込む」ボタンをクリックします。

「イメージキャプチャ」アプリ画面上記の6.で指定した保存先を開くと、5.で選択した写真や動画が保存されています。

なお、一度に大量のファイルを取り込もうとするとエラーが出ることがあるので、小分けにして取り込むことをおすすめします。

関連記事

▼Macの掃除
https://itochu-cable-systems.jp/esb/category/useful/apple/2009/12/3606/

▼Adobe Flashサポート終了に伴うMac版Chrome自動更新停止手順
https://itochu-cable-systems.jp/esb/category/useful/avid/isis/2021/02/5217/

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星
読み込み中...