Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

AVIDで簡単にできるワイプマスクの中に人物の作り方

1つ星 1
読み込み中...
2021年3月15日

バラエティー番組でよく見る、画面内の小窓の中で人物が喋っている場面をAVIDで作る事があります。四角い白黒のマスクを作ってマッドキーでぬこうとすると、なかなか思ったとおりの結果にならない事がありますが、もっと簡単なやり方がありますのでご紹介いたします。

 

1.

V1トラックへ下絵にしたい絵を乗せます。

 

2.

V2トラックへワイプの中へ入れたい人物を乗せます。

 

3.

V2トラックのクリップに、

エフェクトパレット>Blend>3Dワープ

を掛けます。

 

4.

そのV2トラックのクリップをダブルクリックすると、

V2トラックに、1.1と1.2ができて、3段になります。

(1.1トラックには何もありません。)

 

5.

新しく出た1.2トラックにも同じ

エフェクトパレット>Blend>3Dワープ

を掛けます。

 

6.

V2トラックのクリップをハイライトして、

エフェクトモードに入り、エフェクトエディターから操作して、

位置のXとYとZ軸だけ使い、

ワイプ枠を出したい大きさと位置まで持って行きます。

 

7.

続いて1.2トラックへも掛けた3Dワープもハイライトして

エフェクトモードに入り、エフェクトエディターから操作して、

位置のXとYとZ軸だけ使い、人物の表情がわかる顔の大きさに

してみます。

(この時に操作がおよぶのは、ワイプの内側にだけなので、

決めたワイプの位置や大きさがズレることはありません。)

 

また、ここへキーフレームを打って行くことで、

人物がリアクションしてワイプからはずれてしまっても、

フォローして追いかけることもできます。

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星 1
読み込み中...