Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

Adobe Flashサポート終了に伴うWindows版Firefox自動更新停止手順

1つ星
読み込み中...
2021年2月5日

現在、AvidISIS用のManagement ConsoleはFlashを 使用しており

Flash Player が無くなると管理画面を出すことができず、

メンテナンスが不能になります。

(Avid ISISclient Managerは引き続き使用できます。)

ブラウザのアップデートを行わないように、

下記手順を設定する事で対策は可能です。

1.対応しているFirefox(84.02)とFlash(ISISclientのセット中にあるもの)、

Flashアンインストーラーをダウンロードする。

2.Firefoxが最新版まで更新されてしまっている場合には、

今、お使いのFirefoxを一度アンインストールしていただき、

Flashが対応しているバージョンのFirefox(84.02)

再度インストールしていただきます。

(この後、インターネット環境の切断を推奨します)

3.レジストリエディタを起動する。

(Windowsアイコンを右クリックし、 「ファイル名を指定して実行」に

「regedit」と入力し「OK」→ レジストリエディタが開く。)

4.HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Mozilla\Firefoxを開く。

(HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies配下にMozilla\Firefox

がない場合は、

「Mozilla」>「Firefox」と順番にキーを作成する。)

5.そのFirefox階層内で右クリックして新規からDWORD値(32ビット)を 「DisableAppUpdate」と言う名前で作る。

6.作った「DisableAppUpdate」を右クリックして修正で値のデータを ”1”にして

OKする。

7.レジストリエディタを閉じる。

8.ダウンロードしたFlashアンインストーラーの

"uninstall_flash_player.exe"を起動させてください。

これにより前にインストールされているFlashが削除されます。

9.ダウンロードしたFlashインストーラー(ISISclientのセット中にあるもの)

起動してください。

これは中にfirefoxと書かれているものを使用してください。

アップデートの有無をチェックしない(非推奨)

へチェック入れた方が良いと思われます。

10.インターネット環境に繋ぎ、Firefoxを起動する。

「このFirefox用に新しいプロファイルを作成してください。」

と、メッセージが出るので新しいプロファイルを作成する。

11.Flash動画が貼ってあるウェブサイトを見ようとすると、

最初は見れませんが、動画枠の中の「Adobe Flashを実行します」を

クリックすると、ウェブサイトのURLの下に、

「古いバージョンのAdobe Flashの実行を許可しますか?」

と、メッセージが出るので、許可すると、Flash動画を見られます。

12.最後にヘルプの「Firefoxについて」を開いたら、

「システム管理者により、 更新が無効化されています」

となっているのを確認する。

(これで自動更新はストップできます。)

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星
読み込み中...