Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

Adobe Flashサポート終了に伴うWindows版Chrome自動更新停止手順

1つ星
読み込み中...
2021年2月15日

現在、AvidISIS用のManagement ConsoleはFlashを 使用しており

Flash Player が無くなると管理画面を出すことができず、

メンテナンスが不能になります。

(Avid ISISclient Managerは引き続き使用できます。)

ブラウザのアップデートを行わないように、

下記手順を設定する事で対策は可能です。

1.対応しているChrome(バージョン87台)と

Flashアンインストーラー、

対応しているFlashインストーラー(ISISclientのセット中にあるもの)

ダウンロードする。

(この後、インターネット環境の切断を推奨します)

2.Chromeが最新版まで更新されてしまっている場合には、

今、お使いのChromeを一度アンインストールしていただき、

Flashが対応しているChrome(バージョン87台)を

再度インストールしていただきます。

3.C:\Program Files (x86)\Google\Update の配下にある"GoogleUpdate.exe"を

例えば "GoogleUpdate___.exe"といった形に変更します。

(.exe以外の部分の名前が変われば何でもよいです。)

管理者の権限が必要とエラーが出ますが、続行をクリックします。

4.ダウンロードしたFlashアンインストーラーの

"uninstall_flash_player.exe"を起動させてください。

これにより前にインストールされているFlashが削除されます。

5.ダウンロードしたFlashインストーラー(ISISclientのセット中にあるもの)

を起動してください。

これは中にchromeと書かれているものを使用してください。

6.インターネット環境に繋ぎ、URLの

chrome://setting/content/flash

へアクセスして、Flashの状態を

"ブロックする"から"最初に確認する"に変更してください。

7.最後に該当Flashにおいて「期限切れです」と出る場合がありますが、

その場合はChrome上部にあります、"今回は実行する"をクリックしてください。

8.Chromeのヘルプにある、「Google Chrome について」で

"更新の確認中にエラーが発生しました:更新チェックを起動できませんでした。"

のように表示されます。

(エラー表示となってしまいますが、これで自動更新はストップできます。)

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星
読み込み中...