Editing Support BOX
エディティングサポートボックス

IHSE 有用コマンド例

1つ星
読み込み中...
2021年11月26日

◆IHSEのエクステンダーやマトリクスを操作するにあたり、

 はじめにコマンドモードを有効化する「ホットキー」の入力が必要になります。

 基本(デフォルト設定の場合)のホットキーは、「左Shiftキー」の2回連続押しです。

※ホットキー自体の変更は可能です。(変更方法は下記をご参照下さい)

 

◆ホットキーが使用され、コマンドモード状態である時、

 キーボード上のCaps Lock 及び Scroll Lock のランプが点滅します。

 この状態では、キーボード及びマウスからコンピューターを操作できません。

 「Escキー」を数回押すか、エクステンダーのモデルによっては

 「左Shiftキー」及び「 Escキー」同時押しで、通常操作状態に戻ります。

※マウスが移動情報を停止しないとホットキーが効きません。

 マウス自体を操作していなくてもマウスの種類によっては、

 位置情報を出し続けるものもありますので、ご注意下さい。


・切り替え画面=OSDの表示

 ホットキー +「o」

※「Escキー」を2回押す事で OSD を閉じます。

 

・ホットキーの変更

 ホットキー +「c」+ 「0」(数字キー)+ 任意のキー +「Enter」

※ホットキーをデフォルトに戻す

 CONユニットが電源が入った状態で、一旦キーボードを外しておいて、

 「右Shift」キーと「Delete」キーを押しながらキーボードをCONユニットに繋ぎ、

 5秒間押し続けると、デフォルトの「左Shiftキー」に戻ります。

 

・マウス/キーボードのHIDゴースティング

①CONユニットに接続されているマウスやキーボードのUSB-HID情報を保存し、

   エミュレーションを開始(HIDゴースティングの登録と有効化)

 ホットキー +「h」+ 「w」 +「Enter」

②USB-HID情報のエミュレーションを停止

    (USB-HID情報を保存したままでのHIDゴースティングの無効化)

    ホットキー +「h」+ 「d」 +「Enter」

③保存されている USB-HID情報を使用し、

 エミュレーションを開始(HIDゴースティングの有効化)

 ホットキー +「h」+ 「e」 +「Enter」

④USB-HID情報を削除すると共に、エミュレーションを停止

 (HIDゴースティングの登録解除と無効化)

   ホットキー +「h」+ 「r」 +「Enter」

 

・CONユニットに接続しているモニターのEDID情報の取得・保存

 ホットキー +「a」

※EDID情報を反映させるには、CPUユニット側の映像ケーブルに抜き差し、

 あるいはソースPC側の映像ケーブルの抜き差し、

 もしくはソースPCの再起動が必要になる場合があります。

 

・直前に表示されていたCPUユニットへの切り替え

 ホットキー +「p」

 

・選択しているCPUユニットとの接続解除

 ホットキー +「BackSpaceキー

 

※この記事は予告なく変更することがあります。

1つ星
読み込み中...