Cobalt Digital

1997年に設立された米国イリノイ州に拠点を置く、優れたビデオコンバーターやビデオプロセッサなどを製造する放送機器メーカーです。放送局用のラックマウント型モジュールの業界標準規格であるopenGear®規格にいち早く参画し、openGearフレーム準拠のモジュール製品はもちろんのこと、小型コンバーターや各種ビデオプロセッサなど幅広い製品を提供しています。

製品カタログ

Cobalt Digital社は第70回テクノロジー&エンジニアリング·エミー賞やNABプロダクト・オブ・ザ・イヤー2022に選出されています。

THE NATIONAL ACADEMY OF TELEVISION ARTS & SCIENCES

openGear®とは

openGear®

openGear®とは、カナダのRoss Video社によって開発された、放送 / プロダク ション業界のビデオ / オーディオ / データ信号の処理や配信に使用される端末 機器用のモジュールフレーム規格です。耐熱性とスペースファクターに優れており、openGear®規格に準拠したカードであれば、AJAやRoss Videoなどの他 メーカーであっても同一のopenGear®フレームに実装することが可能です。 DashBoardというアプリケーションやOGCP-9000リモートコントロールパネルを 使用することで、フレームに実装されたカードをコントロールすることができます。

アスク・エムイー様と合同で開催いたしましたセミナーのアーカイブ動画
「SI・SE向けopenGear®トレーニング入門編」

openGear® HPF-9000

openGear® oGX

Cobalt Dgital 社は、openGear®規格に対応したフレームを2 種類ラインナップしています。HPF-9000とoGxは、それぞれopenGear®カードを20スロット実装することができる2RUサイズのフレームです。openGear®に準拠した製品であれば、フレーム内に実装することができます。いずれのフレームも、冗長電源のオプションやリモートコントロール機能が利用可能です。

DashBoard™

DashBoardは、openGear®プラットフォーム用制御/ 監視アプリケーションです。Windows/Mac/Linux に対応しており、フレーム内の複数モジュールを一括して管理することが可能です。

全製品ラインナップ

IP圧縮規格RISTとは

RIST(Reliable Internet Security Transport)はSRTと同じくARQ(自動再送信要求)の技術が採用された伝送プロトコルです。現在、SRTなどのIP伝送には各メーカーが定めた規格・ソリューションが多く存在しており、互換性がないものばかりですが、RIST規格を定めたVSF(The Video Service Forum)に参加しているメーカーであれば、Cobalt Digital社以外にも数多くのメーカー製品と相互運用することが可能となります。

参加メーカー一覧

また、RISTにおける伝送方式にはRTPを採用しており、RTPベースのシステムであれば、RIST規格を採用していないシステムとの相互運用も可能です。ファイアウォールを挟んでパブリックなネットワークに接続することができます。
Cobalt Digital社の提供するRIST対応エンコーダ/デコーダには、圧縮の段階で暗号化の機能が搭載されているため放送局などでは、別途セキュリティ機器を用意することなく、安全性が担保された環境で高品質な映像のIP伝送が可能になります。

RISTプロトコルにおける一般的なオペレーション