ファイルベース自動QCシステム
Pulsar 4KHDR※追加オプション対応

オンプレミス型

ファイルベース自動QCシステム Pulsar(パルサー)

拡大するファイルベース制作ワークフローにおいて、大量のファイル取り込みから配信/納品までの各ポイントで品質チェックを行うことは、重要になってきます。
世界で150以上のユーザーが利用しているファイルベース自動QCシステムPulsarは、豊富な対応フォーマット、独自に柔軟な設定が可能な解析テンプレート機能、オペレーターの省力化をサポートする各種自動化機能などを備えた、費用対効果の高い自動QCツールです。

最新バージョン6.3リリース

  • IMFパッケージの解析強化(Netflix用)
  • DNxHRビデオコーデックサポート
  • Dolby Vision用に新しいチェック機能を追加
  • ファイル名チェック機能を追加
  • JPEG2000解析スピードの向上(オプション)

直感的な操作/解析レポート検出

Pulsar(パルサー) 画面
Pulsar(パルサー) PDFレポート

多くの現場オペレーターの声を反映させた、直感的なユーザーインターフェースとレポート機能を搭載しています。

任意ポイントでチェック

Pulsar(パルサー) 任意ポイントでチェック

コンテンツ制作のあらゆる過程でチェックが可能になるように、特定の検証プロセスに適用できるルール/プロファイル/テンプレートを独自に定義できます。

品質チェック項目

対Video
パラメータ
Codec, Video Format, Chroma Format, Colour Matrix, Scan Mode, Duration, Frame Rate, Resolution, Display Aspect Ratio, Pixel Aspect Ratio, GOP Length, GOP Type, Field Order, Frame Sizes, Buffer Size, Bitrate (CBR/VBR), Profile/Level, Entropy Coding, Reference Pictures, MBAFF, Timecode Discontinuity, Timecode frame drop, 2020 Color Space
Video
クオリティ
Active Picture Size, Black Bar, Black Frames, Blockiness, Brightness, Cadence, Chroma Hits, Chroma Line, Clipping, Coloured Frames, Colour Bars, Colour Gamut, Combing, Camera Dead Pixels, Dead Pixels, Digital Hits, Field Dominance, Flash Frames, Freeze Frames, Luma/Chroma levels, Cadence, Half/Full lines, Letter/Pillar Box, Photosensitive epilepsy
Audio
パラメータ
Codec, Sampling Frequency, Quantization Bits, Channels, Bitrate (CBR/VBR), Drops, Silence, Mute, Test Tones, Loudness (R128, CALM), Loudness Range, Dialnorm, Sample Peak (DBFS, PPM), True Peak, Dual Mono, Clipping, Phase Mismatch, Artifact
コンテナConformance, Format, File Size, MD5, No of streams, Incorrect extension
MXF : Version, Operational pattern, Timecode presence/track count/mode/start value/source, Index table presence/ location/completeness/correctness, Origin parameters, KLV alignment grid/fill elements, Partitions validity/Status/ Completeness/Instance count/Index table presence/Essence presence/Max length, Essence wrapping/external check/ referencing/partition strategy, Audio track numbers/element size/channel count/configurations, Descriptive metadata presence/scheme, Run-in sequence, Random index pack, Segmentation track, File package count, Index edit rate, Index duration, Audio/Video sample rate, Audio/Video stream type, Audio/Video edit rate, Video line map, System item presence, Block Align, Channel status mode, Fixed channel status data, Stored F2 offset, Display F2 offset, Sampled X/Y offset, Display X/Y offset, Identical GOP indicator, Edit unit byte count, Slice count, Dark metadata, Timecode frame drop, Audio locked/unlocked status, Audio ref level, Index start position, Single index location, Single essence location, Forward index direction, Image start/end offset, Color siting, Padding bits, Black ref level, White ref level, Color range, Constant B picture flag, Single sequence, Low delay, AS-02 Support
Transport Streams : SCTE35, Program count, PCR Jitter, Packet Length, PID Usage, PIDs, PID Bitrate, Packet Intervals, PAT checks, PMT checks, Stream checks, PES checks
QuickTime : Checks and correction for PASP, FIEL, GAMA, CLAP, COLR. Channel Configuration, Track properties, Movie properties
クロスチェックVideo-Container:Width, Height, Frame rate, Aspect ratio, Bitrate, Profile/Level, Scan mode, Field order, Chroma format, GOP type, GOP length, B-pictures, Low delay, Duration, Component depth
Audio-Container : Sampling frequency, Bit depth, Channels, Bitrate, Duration
Audio-Video : Duration in meta-data, Actual duration
コレクションLoudness correction for PCM and MPEG-1 L2 audio, QuickTime meta-data
メタデータClosed Captions (608/708) presence/conformance/format/location, Line 21 VBI Caption Decode, AFD, Bar, V-Chip, Teletext

高速処理

解析テンプレートに従って、コンテンツファイルのコンテナ、メタデータ、AVフォーマット、その他品質パラメータを高速に自動品質評価します。

対応フォーマット

HLSやSmooth StreamingフォーマットなどのABRコンテンツの解析にも対応してます。

コンテナMXF, GXF, LXF, MOV, MP4, 3GPP, MPEG-2 TS, MPEG-2 PS, FLV, WMV, AVI, Matrox AVI, WAV, BWF, AIFF, DPX, JP2, Smooth Streaming, HLS, MPEG-DASH, IMF, DCP (encrypted and unencrypted), Elementary
VideoH.265 (HEVC), H.264 (incl. AVC-Intra 50/100 and SONY XAVC), MPEG-2 (incl. D10, XDCAM, HDCAM, IMX-30/50), VC-1, DV (incl. DVCPro25, DVCPro50, DVCPro100/HD), Avid DNxHD (VC-3), Apple ProRes, JPEG-2000, Uncompressed (RGB, YUV), HDR10, HDR10+, Dolby Vision, HLG

パカパカチェッカーとの連携

パカパカチェッカーと呼ばれるCRS社のハーディングFPAシリーズをオプションで追加できます。
品質管理とともに「光過敏性発作」発症の可能性があるとされている動画シーケンスの解析·評価を行うことが可能になります。