XenData
アーカイブアプライアンス

XenDataアーカイブシリーズはLTOやODAなど様々なメディアに対応したアーカイブサーバーです。
同じネットワーク上のユーザーであれば、メディアカートリッジへのアーカイブやリストアなどの操作をどこからでも行うことができます。また、クラウドストレージに対しても行うことができ、遠隔地のユーザーであっても同様の操作を行うことが可能です。

モデルラインナップ

XenData LTO・ODAファイルサーバー X1

X1

Windows 10ベースのコンパクトモデル
FS Mirror機能を標準で搭載

OS Microsoft Windows 10
RAM 16GB
システムディスク 256GB SSD
キャッシュディスク 1.92TB SSD
サイズ H51 x W117 x D112 mm
重量 0.68 kg

XenData LTO・ODAファイルサーバー SX-255

SX-255

ODAライブラリ対応のサーバモデル

OS Microsoft Windows Server 2016
RAM 32GB
システムディスク 1TB HDD
キャッシュディスク 6TB HDD
サイズ 1U / H4.29 x W43.46 x D74.98 cm
重量 13.77~16.78 kg

XenData LTOファイルサーバー X20-S

NEW X20-S

カートリッジ25巻のライブラリライセンスを標準装備
50巻まで拡張可能

OS Microsoft Windows 10
RAM 16GB
システムディスク 480GB SSD
キャッシュディスク 3.84TB SSD
サイズ 1U / H4.3 x W43.5 x D38.2 cm
重量 7.9 kg

XenData LTOファイルサーバー X40-S

NEW X40-S

カートリッジ25巻のライブラリライセンスを標準装備
50巻へ拡張後、20巻毎に拡張が可能

OS Microsoft Windows Server 2019
RAM 32GB
システムディスク 2 x 480GB SSD RAID1
キャッシュディスク 6 x 1.92TB SSD RAID5
サイズ 2U / H8.6 x W43.5 x D73.0 cm
重量 22 kg

簡単な操作でアーカイブ

XenDataサーバー内のキャッシュストレージであるXドライブにファイルをドラッグするだけで、自動でアーカイブが開始されます。アーカイブポリシーは自由に設定変更が可能で、アーカイブ対象となるファイルタイプやウォッチフォルダの指定、アーカイブ完了後の自動削除スケジュール機能を標準で搭載しています。

ニアライン/オフラインカートリッジに対応

キャッシュ上にオフラインファイルが保存されているため、ニアラインカートリッジのファイルを、キャッシュ内に実データが存在しなくても簡単にリストアすることができます。棚管理をしているオフラインカートリッジ内のファイルを読み込もうとすると、そのファイルが保存されているカートリッジ名が表示されます。

  • XML処理命令により、アセットのダウンロード・アップロードを実行できます。
  • 複数カートリッジプールをサポートします。
  • 容量に応じてカートリッジプールの拡張・縮小が可能です。
  • LTOカートリッジの空き容量が不足した場合は、次のカートリッジに続きを書き込むことができます。
  • リストアキューが自動調整されるので、ライブラリのカートリッジ移動は最小限に抑えられ、効率的なリストアが可能です。
  • パーシャルファイルリストアをサポート(オプション)
  • 旧バージョンファイルのリストアが可能です。
  • 最新バージョンのファイルのみ新規カートリッジにコピーするリパック機能を搭載しています。
  • Active DirectoryベースのMicrosoftセキュリティを採用しています。
  • アーカイブ済みファイルのプレビュー、メタデータ管理が可能なFacilis FastTracker(オプション)
  • 標準搭載のレガシーファイルシステム機能によってCache-A Tarテープの読み出しが可能です。

クラウドストレージにも対応

LTO、ODAドライブの代わりに、Amazon Web Service S3、Azure Blob Storage、Wasabi S3などのクラウドオブジェクトストレージをファイルの保管場所として指定することによって、遠隔地とのファイル共有やディザスターディスカバリーが可能です。

クラウドストレージにも対応

詳細はこちら