XenData
アーカイブアプライアンス

XenData社独自のアーカイブソフトウェアにより、アーカイブされたカートリッジの管理を効率的に行うことができます。

アーカイブ先として、LTO、ODA、クラウドストレージに対応

  • Windowsベースのフォルダ階層管理
  • ニアライン、オフラインのファイルをXenDataのキャッシュ内で管理
  • LTFS/TARの両方に対応
  • 異なるカートリッジへのマイグレーション
  • LTOカートリッジの空き容量が不足した場合は、カートリッジを跨いで続きを書き込むことができます。

Cache-A Tarに対応
レガシーファイルシステム

アーカイブ先として、LTO、ODA、クラウドストレージに対応。
アーカイブ/リストアされるデータは全てXenDataキャッシュを経由することによって、どこにどのファイルを保存しているのかを簡単に管理することができます。XenDataキャッシュを経由したファイルはオフライン化することが可能でキャッシュ領域をセーブできます。XenDataキャッシュを共有化すれば、同一ネットワーク内のクライアントPCから対象のファイルをドラッグするだけで簡単にアーカイブ/リストア作業が行えます。また、共有ストレージがあれば、FS(File System)Mirrorを利用してアーカイブ作業の自動化をするこも可能です。

アーカイブファイルの検索

XenData アーカイブソフトウェア アーカイブファイルの検索

アーカイブ済みファイルの検索が可能です。
指定したファイルがどのカートリッジに保存されているか、ファイルの管理を容易に行うことができます。リストアしたいファイルを簡単に見つけることができ、カートリッジを挿入後、アーカイブと同じように指定した階層にファイルをドラッグするだけで、データのリストアを行えます。

パーシャルリストア

アーカイブファイル一つをそのままのサイズでリストアするだけでなく、予め指定したタイムコードに沿ってストレージからデータを戻す、パーシャルリストアの機能が使用可能です。これにより、必要な分だけのデータをリストアすることができるので、編集の工程において、作業の効率化を図ることができます。

Facilis FastTrackerとの連携

Facilis社のコンテンツ管理ソフトウェア「FastTracker」と連携させることによって、オフラインのデータでもプロキシ動画を再生することができ、カートリッジ内のデータ管理効率的に行うことができます。

XenData アーカイブソフトウェア Facilis FastTrackerとの連携

モデルラインナップ

XenData LTO・ODAファイルサーバー X1

X1

Windows 10ベースのコンパクトモデル
FS Mirror機能を標準で搭載

OS Microsoft Windows 10
RAM 16GB
システムディスク 256GB SSD
キャッシュディスク 1.92TB SSD
サイズ H51 x W117 x D112 mm
重量 0.68 kg

XenData LTOファイルサーバー X20-S

X20-S

カートリッジ25巻のライブラリライセンスを標準装備
50巻まで拡張可能

OS Microsoft Windows 10
RAM 16GB
システムディスク 480GB SSD
キャッシュディスク 3.84TB SSD
サイズ 1U / H4.3 x W43.5 x D38.2 cm
重量 7.9 kg

XenData LTOファイルサーバー X40-S

X40-S

カートリッジ25巻のライブラリライセンスを標準装備
50巻へ拡張後、20巻毎に拡張が可能

OS Microsoft Windows Server 2019
RAM 32GB
システムディスク 2 x 480GB SSD RAID1
キャッシュディスク 6 x 1.92TB SSD RAID5
サイズ 2U / H8.6 x W43.5 x D73.0 cm
重量 22 kg