ネイティブ クラウドベース QCソリューション
SaaS版:ホスティングサービス利用 / Private版:クラウド環境利用

Quasar

クラウド型

ネイティブ クラウドベース QCソリューション SaaS版:ホスティングサービス利用 / Private版:クラウド環境利用 Quasar(クェーサー)

拡大するファイルベース制作ワークフローにおいて、大量のファイル取り込みから配信/納品までの各ポイントで品質チェックを行うことは、重要になってきます。世界で150以上のユーザーが利用しているオンプレミス型のファイルベース自動QCシステムPulsar(パルサー)の機能を踏襲し、クラウド型として発売されたQuasarは、利用料ベースの月額プランを採用しており、大幅な投資をせずにQCチェックが始められます。

クラウド型を採用

  • 使用機材の管理や投資から解放され、運用に集中できるホスティングサービス利用の「SaaS版」
  • ユーザーのクラウド環境を利用し、オリジナルワークフローの一部として実行できる「Private版」

の2つのサービスから選択できます。

SaaS版Venera社の運営するホスティングサービスを利用
Private版ユーザーのクラウド環境にセキュリティタグ付けし利用(AWS / Azure / Googleにも対応)

  • OTTとコンテンツプロバイダーの両社が必要とするQCの要件を満たすように設計されています。
  • ダイナミックスケーリング、リージョナルリソーシング、統合されたマルチクラウドサポート、セキュリティタグ付けなどの高度な機能を搭載しています。

品質チェック項目

GeneralCodec Compliance, Ready made templates for Netflix, DPP, ARD-ZDF, XDCAM, Loudness (R128, CALM, OP-59, ARIB), iTunes and CableLabs
IMF/DCPPackage validation, CPL cross checks, PKL cross checks
ABRPlaylist cross checks. Segment cross checks, Profile cross checks, Encrypted Packages
VideoパラメータCodec, Video Format, Chroma Format, Colour Matrix, Credit Roll, Scan Mode, Duration, Frame Rate, Resolution, Display Aspect Ratio, Pixel Aspect Ratio, GOP Length, GOP Type, Field Order, Frame Sizes, Buffer Size, Bitrate (CBR/VBR), Profile/Level, Entropy Coding, Reference Pictures, MBAFF, Timecode Discontinuity, Timecode frame drop, 2020 Color Space
VideoクォリティActive Picture Size, Black Bar, Black Frames, Blockiness, Brightness, Cadence, Chroma Hits, Chroma Line, Clipping, Coloured Frames, Colour Bars, Colour Gamut, Combing, Camera Dead Pixels, Dead Pixels, Digital Hits, Field Dominance, Flash Frames, Freeze Frames, Luma/Chroma levels, Cadence, Half/Full lines, Letter/ Pillar Box, Photosensitive epilepsy (Harding), HDR Analysis
AudioCodec, Sampling Frequency, Quantization Bits, Channels, Bitrate (CBR/VBR), Drops, Silence, Mute, Test Tones, Loudness (R128, CALM), Loudness Range, Dialnorm, Sample Peak (DBFS, PPM), True Peak, Dual Mono, Clipping, Phase Mismatch, Nielsen Watermarks
コンテナConformance, Format, File Size, MD5, No of streams, Incorrect extension
MXF : Version, Operational pattern, Timecode presence/track count/mode/start value/source, Index table presence/location/completeness/correctness, Origin parameters, KLV alignment grid/fill elements, Partitions validity/Status/Completeness/Instance count/Index table presence/Essence presence/Max length, Essence wrapping/external check/referencing/partition strategy, Audio track numbers/element size/channel count/configurations, Descriptive metadata presence/scheme, Run-in sequence, Random index pack, Segmentation track, File package count, Index edit rate, Index duration, Audio/Video sample rate, Audio/Video stream type, Audio/Video edit rate, Video line map, System item presence, Block Align, Channel status mode, Fixed channel status data, Stored F2 offset, Display F2 offset, Sampled X/Y offset, Display X/Y offset, Identical GOP indicator, Edit unit byte count, Slice count, Dark metadata, Timecode frame drop, Audio locked/unlocked status, Audio ref level, Index start position, Single index location, Single essence location, Forward index direction, Image start/end offset, Color siting, Padding bits, Black ref level, White ref level, Color range, Constant B picture flag, Single sequence, Low delay, AS-02 Support
Transport Streams : SCTE35, Program count, PCR Jitter, Packet Length, PID Usage, PIDs, PID Bitrate, Packet Intervals, PAT checks, PMT checks,Stream checks, PES checks
QuickTime : Checks for PASP, FIEL, GAMA, CLAP, COLR. Channel Configuration, Track properties, Movie properties
クロスチェック Video-Container : Width, Height, Frame rate, Aspect ratio, Bitrate, Profile/Level, Scan mode, Field order, Chroma format, GOP type, GOP length, B-pictures, Low delay, Duration, Component depth
Audio-Container : Sampling frequency, Bit depth, Channels, Bitrate, Duration
Audio-Video : Duration in meta-data, Actual duration
メタデータ Closed Captions (608/708) presence/conformance/format/location, AFD, Bar, V-Chip, Teletext

柔軟な価格設定

利用料ベースの月額価格プランを採用しています。SaaS版、Private版それぞれ詳細は、お問い合わせください。

主な機能

ストレージブラウジング

クラウドストレージとの連携が可能

REST API

外部連携が可能

ダイナミックスケーラビリティ

コンテンツ容量に完全に一致するようにQC機能を調整可能な動的スケーラビリティ

ローレンテンシー

コンテンツと同じリージョン(領域)に処理インスタンスを自動で選択し起動

ファーストプロビジョニング

インストールやハードウエアのプロビジョニング(設備準備)不要で、数分以内にQC使用可能

テンプレート

Netflix、ARD-ZDF、iTunes、RDD9およびDPP用の解析テンプレートを標準で装備

他、機能詳細はPulsarページを参照ください。

対応フォーマット

コンテナMXF, GXF, LXF, MOV, MP4, 3GPP, MPEG-2 TS, MPEG-2 PS, FLV, WMV, AVI, WAV, BWF, AIFF, Smooth Streaming, HLS, MPEG- DASH, IMF, DCP, Elementary
VideoH.265, H.264 (incl. AVC-Intra 50/100 and SONY XAVC), MPEG-2 (incl. D10, XDCAM, HDCAM, IMX-30/50), VC-1, DV (incl. DVCPro25, DVCPro50, DVCPro100/HD), Apple ProRes 422 (HQ, SD, LT, Proxy), ProRes 4444, JPEG-2000
AudioLPCM, AES3, SMPTE 302M, MPEG-1/2, AAC, HE-AAC, WMA (Standard & Professional)